HOME>レポート>施工管理の採用に近づくためには資格習得が必須

施工管理の採用に近づくためには資格習得が必須

工事現場

管理能力と知識を重視

建築工事現場の施工管理を行う上で必要とされるスキルとしては、まずは、建築全般の基礎的な知識はとても重要となります。さらに工事を行う上で必要となる建築施工に関しての知識も求められるでしょう。また、現場の納まりに関する知識や図面を読む力などが要求されることになるので、いろいろな業務の経験を積むことがスキル上達には重要です。建築工事現場ではいろいろな業者が関わってくるので、工種ごとの調整も必要とされることになり、管理能力も重視されます。施工管理として企業に採用してもらうためには、建築知識だけではなく、現場経験などもアピールすると評価が高くなります。そのほかに管理能力など重視されるので、採用試験では現場での具体的な業務内容などを通じて経験をアピールするとよいでしょう。

作業員

技術的な工夫をアピール

ゼネコンなどの建築現場関係の会社に採用されるためには、資格を取得することも重要となります。受験資格を得られている場合には、1級建築施工管理技士やその他の建築関係の資格を受けておくとよいでしょう。試験勉強を通じて、建築知識も十分に身に付けることが出来るので、勉強をする利点も多いといえます。また、施工管理では、現場経験が非常に重視されることになるので、難しい工事現場の経験や工夫した技術的なポイントなどを整理してアピールすることで、企業から採用される可能性が高くなるでしょう。大手の場合には、技術力が高い社員には多くの活躍の場が与えられるので、これまでの経験を活かしてさらにレベルアップをしたいと考えている人は、大きな会社に採用してもらうとよいでしょう。