HOME>レポート>中国語がペラペラなら貿易事務にチャレンジするべし

中国語がペラペラなら貿易事務にチャレンジするべし

パソコン操作

語学力から求人を選ぶ

英語を得意とする人で、自身の語学力を活かせる仕事に就くことを希望している人は、貿易事務を目指しましょう。貿易事務とは、輸出入を行なっている企業やメーカーで行なう事務業務を指します。そのため貿易事務として活躍するには、書類を整えたり海外の取引先と連絡を取ったりするなど、貿易に関する知識とハイレベルな語学力が必要となります。海外の人との認識の違いや相手の国の法律に合わせた対応を行なうなど、語学力の他にも柔軟な対応力が必要となるので、まずは自身が貿易事務に向いているかよく考えてみましょう。稀に未経験者を募集していることもありますが、やはり経験者が優遇される傾向にあります。未経験から貿易事務を目指すのであれば、通関士や貿易実務検定合格などの資格を有しておくといいでしょう。

ダンボール

専用の求人サイトが便利

一般的な求人情報誌にも募集が出ていることもありますが、貿易事務の求人を専門的に扱っているサイトも存在します。専門サイトの方が、求人数が充実している上に、希望すればスタッフが相談に乗ってくれるので、貿易事務の仕事を探しているという人は求人サイトを利用しましょう。近年はアジア圏の経済成長が著しいため、英語以外にも中国語やインドネシア語、マレーシア語などアジア圏の語学力を必要とする企業は増えています。特に中国語を話せると就職に有利なので、自分の語学力に自信があるという人は求人に申し込んでください。当然ながら貿易事務には、日常会話以上の語学力が必要となります。まだ語学力に自信がないという人は、ある程度勉強してから申し込むか、経験が浅くとも育ててくれるようナ企業の求人を探しましょう。