>特集>貿易事務に向いている人や求人情報について

魅力的な仕事

スキルを存分に生かせるとして、貿易事務への応募が増えています。仕事内容も魅力的ですし、前職の経験や資格を生かせる仕事なので応募者数もかなり多くなっています。そんな貿易事務は、下記のような人が適職と言えます。

貿易事務の仕事に向いている人

飛行機とトラック

円滑に業務を進められる人

貿易事務の仕事は、各書類作成、データ入力、伝票整理など山のように仕事があります。これらの業務を円滑に進められる人ほど、貿易事務の仕事に向いているといえます。また円滑に業務をするために現時点での状況を明確に伝える説明能力も問われます。

タスクを正確にこなせる人

貿易事務の場合、ルーティーンに沿って各所とコミュニケーションをとり、その中で輸出入の必要手続きを行ないます。ある時は、複数の取引をする場面に遭遇することもあります。そのため、事務処理能力高めで、且つマルチタスクをしっかりこなしていける人が採用されます。

英語ができる人

海外の人と取引をするので、英語の書類に何度も出くわします。ですから、英語のスキルは身に付けておいて損はしません。日頃から、海外の企業と英語でのやり取りをするので、英語力がある人は喜ばれます。

貿易事務に向いている人や求人情報について

PC操作

貿易事務の働き方

貿易事務の雇用形態は、正社員、派遣社員、アルバイトの3つがあります。正社員は企業に直接雇ってもらう働き方で、派遣は派遣会社に雇用されながら仕事をします。正社員を目指す場合は、紹介予定派遣がおすすめです。大手企業で実績を数多く残せば、正社員のチャンスを掴むことができます。